ブログ

夢前町産廃業者逮捕

  24日、夢前町にある産廃中間処理業者「夢クリーン」取締役2名他が産業廃棄物管理表(通称 マニフェスト)偽装の疑いで逮捕されました。

マニフェストとは産廃排出事業者からだされた廃棄物の流れを排出事業者→運搬業者→中間処理業者→運搬業者→最終処分業者という様に廃棄物の流れを伝票で管理するシステムです。産廃排出事業者は自ら排出した廃棄物が最終的にどこの処分場に埋め立てられたのかをマニフェストで確認することが義務付けされています。

今回はこのマニフェスト偽装の疑いが持たれています。「高野興業」から最終処分場である「明石開発」に運搬したという伝票はあるものの廃棄物は運ばれていないという疑いです。しかし、廃棄物は「高野興業」から運び出されています。廃棄物は一体どこに運ばれたのでしょう・・・?私にはよ~くわかっています。

警察の徹底した捜査を期待します。

 10月24日付 神戸新聞夕刊。

トラックバック

1件のコメント

  1. これだけ捜査拡大してるのに、市議会の中は自浄作用無し。
    姫路市議会で真相究明に上がるのが当然。共産党以外は究明しようとしないじゃないですか~? 
    皆、自分の懐に捜査の手が及ぶのを怖がっているのでは…?
    これは「共産党議員団以外」だけの問題でだけで無く、自らも自浄作用発揮しない姫路市議会にも市民が嫌気をさす重た~い市民感情だけが残る問題になってしまいます。

    by 渡辺克也 — 2012年10月25日 1:30 AM

コメント

コメント公開は承認制になっています。公開までに時間がかかることがあります。
内容によっては公開されないこともあります。

メールアドレスなどの個人情報は、お問い合せへの返信や、臨時のお知らせ・ご案内などにのみ使用いたします。また、ご意見・ご相談の内容は、HPや宣伝物において匿名でご紹介することがあります。あらかじめご了承ください。