ブログ

憲法施行73周年にあたって 日本共産党中央委員会

本日5月3日は日本国憲法施行73周年。日本共産党中央委員会が談話を発表しました。ご覧ください↓

https://www.jcp.or.jp/web_policy/2020/05/202053.html

日本共産党県会報告 コロナ特別版 ご意見・ご要望をお聞かせ下さい

 県会報告のコロナ特別号を作成しました。いつもは、党員、後援会員の皆さんが各戸へポスティングしてくれます。今回は、緊急事態宣言が出されているもとでしんぶん赤旗・神戸・朝日へ新聞折込とさせて頂きました。アンケート形式となっていますので、ご意見・ご要望を是非お聞かせ下さい。皆さんの声を県政へお届けします。

mail_03_HYOGOno177_omote_IRIE (2)

県会報告2020特別号

兵庫県 県営水道料金免除 県立大学授業料減免などを発表

 4月28日、日本共産党県議団はコロナ問題で5回目となる要望書を知事宛に提出。

 本日5月1日兵庫県は、党県議団が求めてきた、水道料金免除、県立大学授業料減免(所得制限有)などを発表しました。引き続き皆さんの要求実現のため頑張ります。

詳しくは↓

R2.5.1 知事会見資料一式 (1)

28日、副知事ら県幹部に5回目となる要望書を提出。

 

兵庫県 休業要請に応じて頂いた事業者の皆様の経営継続支援事業(県・市町協調事業)

 兵庫県と市町が協調して行う休業要請事業者経営継続支援事業の支援金申請受付が4月28日から始まります(中小法人100万円、個人事業主50万円、飲食店等中小30万円、個人15万円)。新たに4月29日から休業協力を要請する規模が追加されました。(100㎡以下も対象となり支援金が支給されます)是非ご活用下さい。28日に県ホームページで公開されたので改めてご報告します。

申請受付期間 4月28日~6月30日まで

お問い合わせ 経営継続支援金相談ダイヤル 午前9時~午後5時(土日祝含む毎日)078-362-9301(~4月29日)。078-361-2281(4月30日~)。

詳しくは↓

https://web.pref.hyogo.lg.jp/sr07/kyugyoshien.html

経産省「持続化給付金」申請要領を公表

27日、経産省が「持続化給付金」の申請要領を公表しました。コロナの影響で前年同月比で売り上げが50%以上減少した事業者を対象に、中小法人は200万円、個人事業者には100万円が支給されます。是非ご活用ください。

詳しくは↓

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin_chusho.pdf

 

兵庫県休業要請事業者経営継続支援事業 4月28日から受付開始

 兵庫県と市町が共同で行う休業要請事業者経営継続支援事業の支援金申請受付が4月28日から始まります(中小法人100万円、個人事業主50万円、飲食店等中小30万円、個人15万円)。新たに4月29日から休業協力を要請する規模が追加されました。(100㎡以下も対象となり支援金が支給されます)是非ご活用下さい。

申請受付期間 4月28日~6月30日まで

お問い合わせ 経営継続支援金相談ダイヤル 午前9時~午後5時(土日祝含む毎日)078-362-9301(~4月29日)。078-361-2281(4月30日~)。

詳しくは↓

20200427155640171_20200427203940

https://web.pref.hyogo.lg.jp/sr07/kyugyoshien.html

 これまで県は100㎡超1000㎡未満の対象業種について、特措法に依らない県独自の休業協力要請を行い、休業協力に応じたた事業者に対し県市町が共同で支援金を支給するとしていました。しかし、100㎡以下の事業者についても自主的に休業に応じている事業者が多く、県民や県議会からは「100㎡以下についても休業協力の対象とし支援金を支給すべきだ」という声が、この間大きく広がりました。その結果、29日から新たに100㎡以下であっても休業協力要請の対象とし、休業協力に応じた事業者に対し支援金が支給されることになりました。県民の切実な声を受け、県議会が兵庫県政を動かしました。