南アルプス 北岳~間ノ岳~農鳥岳を縦走

 夏休み、南アルプス北部にある北岳~間ノ岳~農鳥岳を1泊2日のテント泊で駆け足縦走。写真の通り、天気も景色も最高の山行日和。

 北岳尾根筋までの連続急登はきつい。ただ尾根筋に着いた時に吹く冷たく心地いい風は山でしか味わえない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本で2番目に高い北岳山頂。

 

 

 

 

 

 

 

 

 北岳から間ノ岳は標高3000mの縦走路。 

 

 

  

 テン泊地の北岳山荘の夜明け。富士山がくっきり見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

  間ノ岳付近から北岳を振り返る。写真左から甲斐駒ケ岳、北岳、その後ろ遙か彼方に見えるのが八ヶ岳連峰、右は鳳凰三山。

 

 

 

 

 

 

 

 

 間ノ岳から写真右に連なる農鳥岳を目指す。間ノ岳から先はすっかり人気がなくなり壮大な景色を独り占め。富士山を見ながらの雲上トレイル。

 

 

 

 

 

 

 

 

  当初、1泊目を農鳥小屋まで足を延ばそうと思っていましたが、到着時間が15時を回りそう。山では15時頃には行動を止めて宿営準備に入るという暗黙のルールがある。農鳥小屋には相当厳しい番人がいるというのを雑誌や途中の山小屋で聞いた。そのため手前の北岳山荘でテン泊とした。翌日の道中、怖いもの見たさに農鳥小屋に寄ってみた。迷路のような創りの山小屋だったために、入江「すいませんトイレは・・どこですか?」番人「どこですか?より、借りていいですか?が先だろっ!!」。たしかにその通り。噂通りの手強さ・・。ただ登山者を思っての厳しさという専らの評判。

 

 

 

 

 

 

 

 

 農鳥からは急な下りの連続、足には下りの方がこたえる・・。到着地は奈良田。早川町の町営奈良田温泉に入り、隣接する南アルプス山岳写真館「白旗史郎記念館」へ。白旗史郎氏の写真集はしんぶん赤旗でもよく紹介されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご存知の通り、美しい南アルプスをリニア新幹線でぶち抜くという計画が進められている。現地では建設反対運動が広がっている。何か少しでもお役に立てることはないかと考えながら帰路。

 

姫路の地域医療と介護を守る会

 6日、姫路市民会館で「姫路の地域医療と介護を守る会」主催の学習会が開催されました。県立循環器病センターと製鉄記念広畑病院の統合再編問題、医療機関の入院患者を介護施設・在宅介護へと置き換える地域包括ケアシステム、病院や公共施設などを中心部へ誘導する立地適性化法など、医療費削減や公共施設統廃合などを一体で進めるモデルケースが姫路市で進められようとしています。参加者からは「市民アンケートなども行いながら市民と共に姫路の医療と介護をどのようにして守るのかを考えていこう」などの意見が出されました。

写真右は講師の今西清さん、左は松本滋会長(兵庫県立大学名誉教授)

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、苦瓜市議と広畑港へ。県が作成中の「姫路港の整備・利用のあり方(案)」では、過去の実績からみても巨大貨物船の入港実績がほとんどないにも関わらず、広畑港で二つ目となる大水深公共岸壁整備を推進しています。さらに、他港では規制があって受け入れできない粉じん舞い散るバラ貨物の拠点化を図ろうとしています。無駄な大型公共事業と、悪臭と粉じん舞い散るバラ貨物拠点化を認めるわけにはいきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夕方。人権連西播地区協議会・高木支部の総会に来賓としてご招待して頂きました。「自民党改憲草案では現行憲法13条にある「公共の福祉」を「公益及び公の秩序」に置換え、国家が国民の基本的人権を制約できる仕組みにしようとしている。5月末に衆議院に提案された部落差別実態調査などが記された恒久特別法「部落差別解消推進法(案)」によって、部落差別を固定化、永久化しようとしている。部落差別問題は特別法では解消されない事は過去の失敗で明らか、部落差別解消は一般施策で。運動の力で憲法守り、部落差別を永久化する法案を許さない闘いを共に進めましょう」と、ご挨拶させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

  

 夜は地元の盆踊りをはしご・・。

 

 

 

政務調査会

 4日、5日の2日間にわたり県当局全部局との政務調査会が開催されました。大型開発・大企業優先の県政から、県民の暮らし・雇用・環境が守られる県政へと要望・調査しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お昼休みは、東日本大震災、福島原発事故から避難し、兵庫県県営住宅へ「みなし入居」しておられる被災者、支援団体の皆さんから「引き続き県営住宅へ継続入居できるように」。B型肝炎患者、支援団体の皆さんからは「医療費等の支援を」との要望がそれぞれ寄せられ懇談しました。

建設常任委員会 管内視察

 2、3日、建設常任委員会の阪神地区管内視察がありました。

 県立舞子公園内にある舞子プロムナード。明石大橋内に入ることができ、展望デッキには喫茶店もあります。是非皆さんお立ち寄り下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 神戸市兵庫区にある湊川随道。随道内は通年17~8℃。市民コンサートが月1回程度行われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 尼崎市・尼ロック。過去、尼崎市域では工業用水を地下から大量に汲み上げ地盤沈下をおこし海抜0M以下となっています。そのため海水が内陸に流入しないように尼ロックによって水面の高さが異なる水域を遮断しています。船の出入り時には2つの閘門を交互に開閉することによって海水流入を防いでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 阪神電車鳴尾駅付近高架化事業。代替地が確保できないため上下線を交互に高架化させる難工事。私は元JR東海の大阪保線所勤務。レールを久々に間近で見た時には血が騒いだぜぃ・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 猪名川河川改修工事。

 

 

 

 

 

 

 

 

  新名神高速道路川西インター工事。当初は1年前倒しの急ピッチで進められいましたが、ご存知の通り橋桁落下事故が発生し、工期は大幅に遅れることになりました。工期前倒しのためピーク時には1日700台のダンプカーが出入りし住民からも多くの苦情が寄せられていました。工期前倒しの急ピッチの工事が事故に繋がったのではないかとの指摘もされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 その他にもたくさんの現地視察を行い、各県民局で聞き取り等を行いました。広い兵庫県、現地に行く事がなかなかできていません。管内視察は本当にいい勉強になります。課題等しっかり把握し県政に反映させていきたいと思います。

 

兵庫県 第三次行革プラン総点検

 1日、行政構造改革特別委員会が開催され「第三次行革3年目の総点検における課題と検討方向について」県当局から報告がありました。

第三次行革プラン3年目の総点検における課題と検討方向について ←青字クリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 県は、阪神淡路大震災からの「創造的復興」と称して、空港、港湾、高速道路建設など震災復興とは直接関係の無い大型開発事業を行い県財政を悪化させてきました。県は財政を立て直すとして「行政改革」の名のもと「老人医療費助成事業」「母子家庭医療費助成事業」など、行政が最も手厚く措置を講じなければならない分野をばっさりと切り捨ててきました。今日の委員会ではこれまでの行革の取り組みと、新たな31年度以降の行革について報告と提案がありました。是非、皆さんのご意見お聞かせ下さい。

 

自治体学校・養父市「農業特区」、豊岡市「コウノトリ育む農法」

 30日、31日は自治体学校へ。

 30日は神戸芸術センター芸術劇場で全体会議。記念講演は「日本型人口減少社会と地域の再生=混迷の時代をどう生きるか」、パネルディスカッションは「辺野古への新基地建設を巡って争う国と沖縄県=憲法・地方自治から見ると、何が見えてくるか」というもの。

 31日は現地分科会で養父市の「国家戦略農業特区」と、豊岡市の「コウノトリ育む農法」へ。

 養父市農業特区は以前から感心のあった事業。今日は市長が直々に熱い思いを語ってくれた。全国的にもそうですが、養父市は中山間地域にあり、耕作放棄地の拡大、人口減少が進んでいる。そこで養父市は国の国家戦略特区メニューにある農業特区に手を挙げた。農業特区に指定されると企業が農地を所有し、営農することができるようになる。農業に企業が参入することによって耕作放棄地を減少させ、「農」を通して雇用を生み出し、人口減少に歯止めを掛けよとする戦略です。既にオリックス㈱など11社が参入しています。ただ、仮に企業参入によって収益があがる農業ができたとしても中山間地で住民と農地を切り離して中山間地に永住する人が増えるか???規模拡大した農地で収益が悪化し企業が撤退した場合、その農地は誰が管理するのか???など「農業特区」には疑問がいっぱい・・。

 豊岡盆地で行われている「コウノトリ育む農法」は素晴らしかった。コウノトリは食物連鎖のトップにあり、農薬の影響を受けたプランクトンからコウノトリに至るまでに約8万倍の生物濃縮があるとのこと。1970年代に農薬を原因に国内コウノトリは全滅。

兵庫県立コウノトリの郷公園

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこで、2005年から県が推進している事業が無農薬、有機栽培の「コウノトリを育む農法」です。当時、県職員である農業改良普及員が農薬を使わない農法を農家にお願いしたところ「農薬を使わないなんて無理!農家よりコウノトリの方が大事なのか!」と、農家の方から随分と怒られたそうです。県が推奨した農法は、冬場の遊んでいる農地に水を入れ、水を入れる事によって、農地に生物多様性を起こします。冬場に農地に水を張ることによって、カエルの数が6000匹~10000匹増え、そのカエルが稲穂の斑点米の原因となるカメムシを大量に駆除するそうです。同時に、獰猛な肉食であるコウノトリの餌を確保することもできます。農業改良普及員は、農家の皆さんに納得してもらうため、カエルのお腹からカメムシを大量に出して、農薬を使わなくてもカエルがカメムシを駆除することを証明したとのことです。「熱意より、データをもって農家の皆さんに納得してもらった」と、県職員。現在では無農薬、有機栽培のコウノトリ米は通常のコシヒカリの1.9倍の付加価値がついてブランド化に成功しつつあるとのこと。県職員でもある農業改良普及員のプロフェショナルぶりに感動。

豊岡盆地で行われている無農薬、有機栽培農地。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 TPP対策としての農地大規模化は徹底したコスト削減競争によって、美味しく安全な農産物ができるとは思えない。農産物に付加価値をつけるブランド化は、地元の新鮮で安くて美味しい農産物を地元住民が口にできなくなる。兵庫農業を守り育てるためしっかり学習しなければ..と改めて考えた自治体学校でした。