コロナ問題 休業収入減に家賃補助

政府はコロナ問題の拡大を受け、離職や廃業で経済的に困窮した人の家賃を補助する「住居確保給付金」の対象を拡大する。20日から申請を順次受付。

https://this.kiji.is/624534728267039841?fbclid=IwAR0HndHkPgQKvkVnkgXzL8RNTGOHuEaMHTL5Zq31u3NOr9uSNxJCniM9z48

コロナ問題 就労継続支援事業について

 13日、厚労省は新型コロナウイルス問題で、各自治体へ事務連絡を通知しています。要件の一部を適用しないなど柔軟な取り扱いを自治体へ呼び掛けています。是非ご活用ください。

詳しくは↓

新型コロナ・就労継続支援事業の取り扱い等について

 

 

 

コロナ問題 国民健康保険料等の免除について

コロナ問題によって、一定程度収入が減少した被保険者を対象に国民健康保険料の減免・免除が行われます。是非ご活用下さい。

姫路市民の方は姫路市国民健康保険課へお問い合わせを。詳しくは↓

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-04-10/2020041001_04_1.html

兵庫県 休業要請を行った事業者に中小100万円 個人事業主に50万円支給

 17日、兵庫県は休業要請を行った事業者について中小法人へ100万円、個人事業主へ50万円(飲食店及び旅館・ホテルについては中小30万円、個人事業主15万円)を支給する補正予算案を公表しました。24日の県議会で可決する見通しです。詳しくは↓

https://kobe-journal.com/archives/6410481566.html?fbclid=IwAR3rTgAL432l8ZDLAEKwfDS_Lmmf6Kyx4amCvme47IT81wlofin4IUcVzhk

濃厚接触者へ休業命令。補償は?

 「事業所外の陽性者と濃厚接触者し、濃厚接触したことを事業所に報告すると使用者から休業を命じられたけれど賃金が出ない」という相談が寄せられました。
 使用者が休業を命じるのは当然ですが、賃金については一部支給の義務があります。
  休業を命じる事は当然ですが、労基署に尋ねると、上記の様な場合は一般論として「労基法26条に基づいて休業を命じた使用者が通常賃金の6割を支給しなければならない」との事です。ご活用下さい。

厚生労働省 新型コロナ問題 生活保護の対応について

厚労省が新型コロナウイルス問題を踏まえて、生活保護業務等における対応について、一時的に収入が減少、住居を失った、医療を必要としている方などを対象に審査業務の簡素化を各自治体へ通知しています。ご活用下さい。詳しくは↓

https://www.mhlw.go.jp/content/000619973.pdf

Page 20 of 207« First...101819202122304050...Last »