赤穂市議選2議席確保 ご支援ありがとうございました。

 2日(日)投開票で行われた赤穂市議選で、川本孝明候補、小林とくじ候補共に当選し、日本共産党は現有2議席確保しました。公約実現のため引き続き全力で頑張ります!!ご支援ありがとうございました。

赤穂市議選=川本孝明・小林とくじ候補へのご支援を!!

 1日は赤穂市議選最終日。3人はみ出しの大接戦の様相です。中学3年までの子ども医療費無料化、新婚世帯への家賃補助、住宅リフォーム助成制度の制定などなど日本共産党赤穂市議団の実績は抜群です。引き続き、市民の暮らし、子育て応援し、赤穂市の環境を守るために頑張ります!!今日は金田峰生党国政事務所長、苦瓜かずしげ市議と街頭で訴え。森ゆき子市議もアナウンスで赤穂入り。

 明日2日は投票日川本孝明候補と小林とくじ候補を必ず市議会へ押し上げて下さい。最後までのご支援をよろしくお願いします!!

川本孝明候補、地元への最後のお願い

 

憲法が輝く兵庫県政の会 姫路決起集会

 今日は冷たい雨が降る中ハードな1日となりました。早朝「しんぶん赤旗配達」から始まり、姫路駅宣伝、赤穂市議選で19回の鬼街宣!、その後姫路で開催された「憲法が輝く兵庫県政の会・姫路決起集会」へ。

 津川ともひさ憲法県政の会代表幹事より、県政転換の決意表明。津川さんのお話には人を引き込む力と、温かい人柄が滲み出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 業者の会、医療団体、ママの会などからそれぞれ「県政転換」への決意表明がありました。私からも「県政パンフ」に沿って約20分間、ご報告させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 姫路市議団とお決まりのポーズで・・。

 

赤穂市議選 終盤へ

 30日、後援会の皆さんとJR別所駅で朝宣伝。その後、赤穂へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 赤穂市議選は最終盤へ。今日は小林とくじ候補地域で街宣。産廃計画(県許認可)、危険な地域での太陽光パネル設置計画(県総合治水条例)など、県の許認可にかかわる問題で小林とくじ候補とは数え切れないほど県交渉を繰り返してきました。小林候補はいつもダンボール箱を抱えて県交渉にあたります・・。ダンボール箱の中は情報公開請求した資料でいっぱいです。問題山積の赤穂市で欠かせない議席が小林とくじ候補の議席です。「学校給食無料化」「市内循環バス(ゆらのすけ)の運行本数増便」「国保税引き下げ」などを公約に掲げています。皆さんのもう一回りのご支援を!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 赤ちゃんも応援に!!賑やかな小林事務所。子どもがいるだけで事務所の雰囲気がパッと明るくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

   政党車より、御崎パネル計画地周辺で

 

 

 

 

 

 

 

 

 夜は川本孝明候補の個人演説会へ。

 

どのようにして「核兵器のない世界」を実現するか

日本共産党の志位和夫委員長が27日、国連に提出した「どのようにして『核兵器のない世界』を実現するか―『国連会議』への文書発言」の全文は以下の通り。

どのようにして『核兵器のない世界』を実現するか」←クリック

残土処分の通報について

 A様へ。

 県発注河川掘削工事で発生した残土について、「請負業者が県との契約通りに残土処分場に搬入することなく、別の造成工事場所に残土を搬入している」との通報がA様より度々私のもとに寄せられています。A様のご要望通りに県土木事務所に通報・確認したところ、県土木事務所は「請負業者は契約通りに発生残土を残土処分場に搬入していることを口頭で確認した。残土処分場に一端搬入された残土について、搬入以降は県発注工事契約とは直接関係ない。残土処分場に搬入された残土はリサイクルとして再生利用することはある。ただ、請負事業者に確認したところ、ダンプが県工事の看板をつけたまま、残土処分場に一端搬入した残土を持ち出した事実はある」ということでした。また、県土木事務所は「県工事発生残土を残土処分場に搬入した計量票については工事が終わらない限り確認できない」との事でした。以上、私への通報に対するご報告です。

 A様のご連絡先がわかりませんので、これ以上の調査ができません。森友学園問題でもあった様に共産党に寄せられた情報源は「命がけで守る」というのが日本共産党の方針です。お聞きしたい事もありますので良ければご連絡先を添えてのご通報をお寄せ下さい。

Page 20 of 164« First...101819202122304050...Last »