ブログ

兵庫県社会福祉審議会へ

25日、県公館で開催された社会福祉審議会へ出席。
入江「兵庫県地域福祉支援計画を具体化した市町地域福祉計画の未策定自治体が多可町、播磨町、市川町、太子町、上郡町、と県下で5町もある。町では計画を作成する人材が不足しているのではないか?」「おなじく提案されているひょうご障害者福祉計画の市町方針は全市町で策定できているのか?」「令和4年度から兵庫県ヤングケアラー支援事業が始まる。市町に相談窓口を設けて欲しいとのことだが、市町は専門人材を確保できているのか」等を質問。
県当局「市町と連携し支援していきたい」。
入江「県が基本計画示しても、それを具体化する市町計画等が策定されていない。市町への十分な支援を」

ロシア軍はウクライナから撤退を!ウクライナ救援募金へのご協力を!

昨日は森市議と英賀保駅、今日は村原市議と御着駅前から「ロシア軍はウクライナから撤退を!」「ウクライナ救援募金のお願いを!」と訴え。
日本共産党はこれまでに全国で4千万円を越える救援募金を集め、志位和夫委員長と小池晃書記局長が国連、ユニセフへそれぞれお届けしました。

郵便振替

▷口座番号 00170-7-98422

▷加入者名 日本共産党中央委員会

*通信欄に「ウクライナ募金」と明記ください。

 手数料はご負担願います。

姫路駅前からも世界に連帯して「プーチンはウクライナ侵略やめろ!」の抗議行動

3日、姫路駅前からも世界に連帯して『プ-チンはウクライナ侵略やめよ!』の抗議行動。市民30人が呼び掛けに応えて参加。高校生や若い皆さんからたくさんの連帯のエ-ルを頂きました!

兵庫県議会 一般質問

1日、本会議一般質疑を行いました。
①県民いじめの県政改革案の撤回
②新型コロナウイルス感染症対策の充実
③補聴器購入補助制度の実現を
④コロナ禍における中小業者支援
⓹製鐵記念広畑病院の後医療機能充実を
⓺返済不要の県独自の奨学金支援を
⑦地球温暖化対策の強化を
の7点について斎藤知事を質しました。
知事が公約に掲げた女性副知事は実現せず、少人数学校については「難しい・・」の答弁。今日は奨学金について知事の公約実現を迫りましたが「思ったより財政が厳しかった・・難しい・・」旨の答弁・・。引き続き県民との約束である知事公約を実現させるため頑張ります!
 また、本日は県議会全会派一致で「ロシア軍によるウクライナ侵略に抗議する」意見書が採択されました。

赤穂市福浦産廃計画について西播磨県民局へ要請行動

8日午前、赤穂市の環境を守る会の皆さんと赤穂市福浦産廃計画について西播磨県民局へ要請行動。県民局からは県民局長らが対応。
住民の意見書に対する事業者からの回答の中で事実と違う回答が複数ありました。環境省通知・行政処分の指針では、事業者の欠格要件の一つとして「許可の審査に関する行政庁の照会、検査等に対し虚偽の回答をすること」とあります。虚偽報告は単なる信義則でなく、欠格要件にも該当する重大行為です。行政には厳格な審査が求められます。
午後からは、兵庫県民会館で社会福祉審議会「身体障害者・・の医師の指定について」へ委員として出席し、約50名の医師の履歴などを調査し指定医としてふさわしいかを議論。
入江「指定医になるには5年の経験が規約上必要となっているが、前期研修期間を除けば5年未満の医師が1名いる。どいうことか?」委員(医師)「その通り。慎重な審査が必要だ」事務局「再度調査する」。指定医の指定は求められていますが、併せて適切な指定医の審査も求められます。

コロナ対策等、中央省庁へ要請

7日、大門みきし参議院議員、こむら潤参院兵庫選挙区予定候補、県議団で、コロナ感染対策、気候危機問題等について中央省庁へ要請。 県議団はパンデミックのため、ズームで参加。

 

 

Page 4 of 215« First...23456102030...Last »