ブログ

兵庫県経営継続支援事業 締め切り延長 7月7日まで

 当初6月30日申請締め切りだった兵庫県経営継続支援事業が、7月7日申請締め切りへと期日が延長されました。
「締め切りが早く、支給が遅い!改善を」と、共産党県議団が議会で求めていました。締め切り間際で諦めていた方はお早めに申請を!

200626_記者発表資料(経営継続支援金の受付期限延長等)

 

 

お困りごと、申請漏れはありませんか? 姫路魚町訪問

 25日、業者後援会と姫路市の繁華街魚町、塩町の店舗を「お困りごと、制度の申請漏れはありませんか?」と訪問。「民商さんには本当にお世話になった。友達にも紹介してる」「どうお礼を言っていいのかわからない」と、次々との感謝の声が・・。あるお店では、その場で国の持続化給付金のオンライン申請のお手伝いをするなど、その手際よさに私もびっくり・・。ただ、皆さん口を揃えて「客足は全く戻っていない。支援金は一度で終わらせないで欲しい・・」と。日本共産党にも期待していると、今日は新たに5人の方が「しんぶん赤旗」を購読してくれることになりました。

市民センター等で開催している教室も対象に 兵庫県「休業要請事業者経営継続支援金」

 100㎡以下の学習塾等については(英会話教室・音楽教室・着物教室など)4月29日~5月6日までの間、県からの使用停止の協力依頼に応じて休業し、2020年4月または5月の売上が前年同月対比で50%以上減少している場合、中小法人は30万円、個人事業主は15万円が支給されます。持ち家、専用テナントで開催している教室はもちろんのこと、独占的に一定期間の契約を締結していれば曜日貸し、時間貸しの市民センターや、文化教室などの貸館などで開催している教室も対象となります。一定期間でなく、その都度使用契約を締結している場合は対象外です。

 日本共産党県議団の議会論戦で前進させた制度です。締切は6月30日消印有効です。速やかに申請を!

「確定申告をしていないが申請はできるか?」=兵庫県「休業要請事業者経営継続支援金」

「確定申告をしていないが申請はできるか?」という相談が先日から続いています。
兵庫県の「休業要請事業者経営継続支援金」制度では、申請の添付書類として「確定申告書の写し」の提出を求めています。しかし何らかの理由で確定申告をしていない場合は「前期の収支がわかる帳簿の提出でもよい」と県から回答を得ています。
締め切りは6月30日です。速やかに申請を❗

教室内で「身体的距離の確保」のためにも少人数学級を!

 6月17日の県議会最終日に請願討論を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6月15日から通常登校、通常授業が始まりました。長期休校により学習の遅れと格差拡大が起きています。子どもたちはコロナ問題によってで不安とストレスをためこんでおり、子どもの実態から出発した手厚く柔軟な教育が必要です。

ところが、その学校で、感染防止の三つの基本のうちの一つである「身体的距離の確保」ができないという重大な問題に直面しています。

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議は、「新しい生活様式」として、「身体的距離の確保」を呼びかけ、「人との間隔はできるだけ2メートル、最低1メートル空けること」を基本としています。

文科省が5月22日に発表した衛生管理マニュアルによると標準的な8.3m四方の教室での「40人学級」では、子どもと子どもとの距離を2メートル空けることはおろか、1メートル空けることも不可能としています。ただ、文科省は「座席の間隔については一律にこだわるのではなく、柔軟に対応するようお願いします」との考えを示し、専門家会議の云う「身体的距離の確保」と大きく矛盾する対応となっています。

「40人学級」に教職員も子どもも保護者も不安の声を挙げています。「身体的距離の確保」を「新しい生活様式」の重要な一つとして社会全体で、そしてこの議場でも取り組んでいる時に、教室を例外とすることは重大な問題です。  

今後、第2波・第3波が発生したときに40人学級の過密状態のままだと再び長期間にわたる学校休業を余儀なくされます。長期間の休業は学力の遅れだけでなく、保護者や子供たちに多くの不安やストレスを与えました。第1派の教訓を生かし、Withコロナというのであれば学校を子どもたちにとって最も安全な場所にするための感染防止対策が今こそ必要です。20人程度の少人数学級へ踏み出すべきです!

夢前町護持「急傾斜地には太陽光パネルを置きません」

2020年6月11日 金田峰生 党国会議員団兵庫国政事務所長FBより

過日、住民のみなさんから「なんとかやめさせられないか」と相談があった、姫路市夢前町内での小規模太陽光発電事業計画。
入江県議、村原市議のサポートで、事業者が「急傾斜地にはパネルを置きません」など、態度を軟化させたとの良い知らせが届きました。
話し合いで、双方に良い結果となることを期待したいと思います。
写真は以前、現地で住民の皆さんからお話を聞く、入江県議(右)と村原市議。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、子供、屋外
Page 2 of 19412345102030...Last »