統一地方選へ私の決意 入江次郎(姫路市)

兵庫民報の連載シリーズに掲載していただきました❗️
JRに勤めていた当時の一年後輩で、今は鉄工所を経営している市丸君からも「強い者に立ち向かい、真っ直ぐな入江さんを応援します」と、恥ずかしくなる様な推薦文も頂きました。皆さんのご期待にお応えできるよう全力で頑張ります!是非ご覧下さい

兵庫民報 ←クリック

夢前産廃計画地活用(案)をビラにしました。ご覧ください!

 夢前町の皆さんと力合わせて頑張りました!
 姫路市が12月7日に示した夢前産廃計画地活用(案)をビラにしました。ビラは夢前町全戸に27日付新聞各紙朝刊に折り込みます。当日は、村原もりやす市政対策委員長とご一緒に街頭からもご報告に伺います!

PDF画像→夢前産廃計画地活用(案)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新日鉄住金広畑製鉄所㈱が水利権を県に返還

  新日鉄住金広畑製鉄所㈱が50年間にもわたって夢前川の河川水を飲料用水として違法に取水していた問題を2017年6月議会で暴露。
 昨日14日、県に確認したところ新日鉄に対し「許可水利権を日量21,600㎥→13,700㎥へと7,900㎥返還させた」とのこと。これによって新日鉄は年間約2千万円(推定)の水道水を姫路市から購入することになります。

http://irie.wajcp.net/2017/06/08/210354 ←詳しくはクリック

 

 

夢前産廃計画地の活用策として、自然を活用した「多目的交流広場」等とする(案)が示されました。

 姫路市が平成29年4月に設置した姫路市北部活性化検討委員会はこれまで6回の議論を重ねた結果、「姫路市北部農山村地域活性化拠点施設整備方針(案)」「以下、(案)」をまとめ、夢前産廃計画地の活用策として、森林を保全し現存の自然を活用した「多目的交流広場」「バーベキュー施設」「アスレチック・ウォーキングコース」等として活用する(案)を、平成30年12月7日の姫路市議会に報告し、今年度中に取りまとめるとしました。

姫路市北部農山村地域活性化拠点施設整備方針案・ゾーニング検討 ←クリック

姫路市北部農山村地域活性化拠点施設整備方針(案)施設イメージ

姫路市北部農山村地域活性化拠点施設整備方針(案)全文

    平成27年1月、姫路市長は産廃反対運動に押されついに「姫路市が夢前産廃計画地を買い取る」と表明。

 しかし、夢前産廃計画地については、土地所有権を巡って数年間にもわたり産廃事業者=成臨興業㈱「以下、事業者」と同社前代表らとの間で争われています。そのため、土地所有権が確定していないため用地取得交渉は進んでいません(和解したとの情報も。未確定)。今後、土地所有権が確定し、用地取得交渉を進めるには、用地活用目的を明確にしなければ交渉を進めることはできません。そういう意味では、この度、活用目的が(案)として具体的に示されたことは大きな前進です。ただ、住民や議会の中からは「適正な価格で用地取得できるのか」など、懸念の声もあり、予定価格6000万円以上、且つ5000平方メートル以上の用地を取得する際には議会の議決も必要になってくることから(案)の実現性についてはまだまだ不透明感もあり、十分な住民議論が必要です。

  夢前産廃問題では、私自身、事業者の不法投棄を暴露・追及し、事業者から名誉棄損で訴えられたりもしながらそれを跳ね除け、議会論戦等を通じて事業者を許可取消処分にまで追い詰めました。また、住民の皆さんと力合わせ「不適格な計画地で、不適格な事業者に産廃処分場を作らせるな」を合言葉に、地域で繰り返し産廃問題学習会を開催し、15万筆の建設反対署名を集め兵庫県・姫路市に提出してきました。引き続き、市民3万世帯の水道水源である夢前川を守り、計画地が住民の納得いく活用がされるよう力を尽くします!

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蟠洞川の浸水対策が実現へ

 今年7月に発生した西日本集中豪雨によって姫路市余部区上余部を流れる蟠洞川が越水、4軒の民家等で床下浸水が発生しました。日本共産党の宮本たけし衆議院議員、金田峰生参議院予定候補、苦瓜かずしげ市議らと現地調査、現地で市職員から聞き取りを行い、被害にあった住民の皆さんから浸水対策へのご要望をお聞きし県市へ対策を求めていました。

 10日、知事は、県議会本会議で他党への答弁でしたが、これまで日本共産党も繰り返し求めていた蟠洞川浸水対策を実施することを明らかにしました。知事は「蟠洞川の放流口を200m下流に移動させ揖保川からの逆流を防ぐ、円山川ではこの方法で支流への逆流を防いでいる。逆流が防げなければ排水機の設置も検討する。蟠洞川の越水を防ぐために臨時的に積み上げていた土嚢袋から、恒常的な堤防嵩上げを行う」と、答弁しました。高速道路建設より、喫緊の課題である防災・減災対策への抜本的予算転換を引き続き求めていきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

災害の危険から県民の命守る公共工事への転換を!

 8、9日英賀保・広畑地域を180軒訪問。2つの地域の真ん中を流れるのが県管理の夢前川。「夢前川の洪水対策は大丈夫?」との声もたくさ頂きました。しんぶん赤旗日曜版も1部拡大。写真は京見橋上流の河床掘削と、水尾川と夢前川の合流地点での高潮対策工事。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 昭和40年に発生した台風24号によって夢前川流域では571軒の床上浸水が、水尾川周辺でも床上浸水601軒の大規模な浸水被害が発生しています。昭和51年に発生した台風17号でも夢前川・菅生川流域で841軒の床上浸水が発生しました。近年では平成2年に発生した台風19号によって夢前川流域で54軒、水尾川流域でも53軒の床上浸水が発生しています。
 兵庫県では、平成26年にこれまでの河川整備基本方針を見直し、新たに「夢前川水系河川整備計画」(以下、計画)を策定しました。計画では、戦後最大洪水である昭和51年洪水を流下させることを目標とし、高潮対策では昭和40年の台風23号と同規模の台風が満潮時に来襲しても安全に対処できることを目標として策定しています。
 計画では、河床掘削・河道拡幅・護岸整備・堰改築など総…延長約14,300mにもなり、概ね30年目標で整備する事となっていますが、目標通りに整備が進んでも平成56年完成ということになります(元号は変わる予定)。
 英賀保・広畑周辺の計画では、京見橋上流~山陽本線上流の河床掘削等が(延長300m)、夢前大橋~山陽新幹線の河床掘削等が(延長800m)、水尾川では今在家東大橋~夢前川合流点の河床掘削・護岸整備等の(延長2,200m)整備が行われています。
 兵庫県管理の河川整備計画は、ほぼ全てが30年計画となっていますが、県民から寄せられる声は「来年の台風には間に合うの?」というご相談やご要望です。県管理の河川改修率は59%、また姫路市内の土砂災害警戒区域の指定箇所は1412箇所もあるのに対し、平成30年度の整備実績はわずか22箇所に留まっています。このペースで進めると全て整備するのに64年もかかることになります・・。
 一方で、県内の高速道路総延長距離は北海道に次いで全国第二位。それにも関わらず県は今後さらに115kmの高速道路整備計画を進めようとしています。
 自然災害が多発する中で、限られた予算を不要不急の高速道路整備に充てるのではなく、災害の危険から県民の命を守る公共工事への抜本的転換が必要です。 

 
Page 9 of 182« First...7891011203040...Last »