教室内で「身体的距離の確保」のためにも少人数学級を!

 6月17日の県議会最終日に請願討論を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6月15日から通常登校、通常授業が始まりました。長期休校により学習の遅れと格差拡大が起きています。子どもたちはコロナ問題によってで不安とストレスをためこんでおり、子どもの実態から出発した手厚く柔軟な教育が必要です。

ところが、その学校で、感染防止の三つの基本のうちの一つである「身体的距離の確保」ができないという重大な問題に直面しています。

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議は、「新しい生活様式」として、「身体的距離の確保」を呼びかけ、「人との間隔はできるだけ2メートル、最低1メートル空けること」を基本としています。

文科省が5月22日に発表した衛生管理マニュアルによると標準的な8.3m四方の教室での「40人学級」では、子どもと子どもとの距離を2メートル空けることはおろか、1メートル空けることも不可能としています。ただ、文科省は「座席の間隔については一律にこだわるのではなく、柔軟に対応するようお願いします」との考えを示し、専門家会議の云う「身体的距離の確保」と大きく矛盾する対応となっています。

「40人学級」に教職員も子どもも保護者も不安の声を挙げています。「身体的距離の確保」を「新しい生活様式」の重要な一つとして社会全体で、そしてこの議場でも取り組んでいる時に、教室を例外とすることは重大な問題です。  

今後、第2波・第3波が発生したときに40人学級の過密状態のままだと再び長期間にわたる学校休業を余儀なくされます。長期間の休業は学力の遅れだけでなく、保護者や子供たちに多くの不安やストレスを与えました。第1派の教訓を生かし、Withコロナというのであれば学校を子どもたちにとって最も安全な場所にするための感染防止対策が今こそ必要です。20人程度の少人数学級へ踏み出すべきです!

夢前町護持「急傾斜地には太陽光パネルを置きません」

2020年6月11日 金田峰生 党国会議員団兵庫国政事務所長FBより

過日、住民のみなさんから「なんとかやめさせられないか」と相談があった、姫路市夢前町内での小規模太陽光発電事業計画。
入江県議、村原市議のサポートで、事業者が「急傾斜地にはパネルを置きません」など、態度を軟化させたとの良い知らせが届きました。
話し合いで、双方に良い結果となることを期待したいと思います。
写真は以前、現地で住民の皆さんからお話を聞く、入江県議(右)と村原市議。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、子供、屋外

子どもたちの学び、心身のケア、安全を保障するために――学校再開にあたっての日本共産党の緊急提言

子どもたちの学び、心身のケア、安全を保障するために
――学校再開にあたっての日本共産党の緊急提言
https://www.jcp.or.jp/web_policy/2020…

夢前町護持 太陽光パネルの悩み

 22日、「共産党しか頼るところがない・・」と、お電話を頂いて、金田峰生国会議員団兵庫事務所長 村原もりやす市議と姫路市夢前町護持にあるバーズタウンへ。

 相談内容は「民家に近接した急傾斜地に太陽光パネルを設置する計画がある」という相談。

 この間、新興住宅地周辺での危険な太陽光パネル設置が相次いでいます。県内の各自治体では説明会の義務付けや、パネル設置基準を設ける等、独自の条例制定を実施しています。法改正はじめ、姫路市でも危険なパネル設置を認めない等の条例制定が必要です。

 写真にある住戸の直ぐ裏にパネルを設置する計画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの住民から多くの不安の声が出されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍 支援制度の周知徹底を!

 コロナ禍で、テイクアウト、デリバリー弁当等、新たな取り組みを行う飲食店等を応援する「がんばるお店・お宿応援事業補助金」事業が第二次募集を5月14日~6月10日の期間で申請を受け付けています。第一次募集は先着順500店でしたが、わずか2日間で500店に達し、この度2次募集が始まりました。

 19日、前回ご案内に回った姫路駅周辺店舗を改めて訪問し「第二次募集が始まりました」とご案内すると「一次募集がすぐにいっぱいになったと聞いていたのであきらめていた。第二次募集が始まったのですね。ありがとうございます」。そのあと、高齢の方が経営する英賀保の飲食店も訪問「こんな制度しらなかった。申請様式のダウンロードの仕方がわからない。あんた男前やな・・」入江「いえいえそんな・・事務所で印刷してすぐにお持ちしまっす!」

 また英賀保文化教室も訪問「100㎡以下の英会話教室等も、前年4月5月比で売り上げが半減し4月29日~5月6日まで県の休業協力要請に応じて休業した場合、県独自の経営継続支援事業の対象となり個人事業主で15万円の支援金を受け取れます」とご案内すると「そんな制度全く知らなかった・・。英賀保文化教室は10を超える教室を開催している。講師の先生も大変な状況。早速講師の先生方にお知らせします。ありがとう」と、手持ちの資料10部全てお渡ししました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テレビ、新聞等で報じられている制度はよく知られていますが、知られていない制度もあれば、制度の詳しい中身についてもまだまだ周知されていません。支援制度の周知も行政に求めていきます。

制度の詳しくは↓

がんばるお店・お宿応援事業補助金

経営継続支援事業

コロナ問題で第6次申し入れ 日本共産党兵庫県議団

 18日、日本共産党兵庫県議団はコロナ問題で第6次申し入れを井戸知事宛に提出しました。●PCR可能数を1日1000件以上に●休業要請事業者だけでなく、すべての事業者へ支援を拡充すること●学校休業中の生活・学業支援の強化。等々

全文は↓

コロナ第6次申し入れ (完成)

 

Page 4 of 195« First...23456102030...Last »