姫路市防災WEBを添付します。こまめにご確認を!

 姫路市内でも夜になって再び雨が強くなってきました。行政などの防災情報をこまめにご確認し、早めに、且つ冷静な対応を呼び掛けます。

姫路市防災WEB

国交省河川水位情報  ( 画面内の河川上にある▲印をクリックすると観測地点の水位情報が表示されます)

姫路市産廃行政は一刻も早く住民の不安を解消せよ!!

 6月10日午後10時ごろ姫路市御国野町御着にある産廃中間処理施設で火災が発生しました。火災の件も含めて、本日5日、住民の皆さん、共産党市議団と揃って姫路市産廃政策室に聞き取り、要望を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

  当該事業者は、これまでも産廃中間処理業を運営していましたが、昨年新たに汚泥などの有機系廃棄物の中間処理業の許可を得たところでした。事業者はこれまでも、悪臭、埃、粉塵問題で周辺住民とのトラブルを起こしていましたが、昨年新たに汚泥搬入許可がされて以降、悪臭の苦情が多発しています。近所に住む住民からは「引っ越しも考えているけど土地の評価額が下がっているかもしれない」「悪臭被害などで神経内科に通っている」等々の切実な声が、共産党議員団に寄せられています。

 さらに事業者は屋外に保管してある誰がどう見ても廃棄物にしか見えないものを「廃棄物ではなく有価物だ」(有価物=商品・価値あるもの)と言って、廃棄物処理法の規制を免れています。廃棄物処理法では廃棄物の場合は屋内(屋根の下)での保管を求めていますが、廃棄物ではない有価物の場合は屋内ではなく屋外で保管することができます。当該施設は、廃棄物処理法上、屋根の下で廃棄物を保管する事になっているため廃棄物が雨水に触れる設計になっていません。ところが、当該施設では誰がどう見ても廃棄物であるものを有価物と言っているため、有価物(廃棄物)は雨水にさらされたまま屋外に保管され、雨水に浸食された有価物(廃棄物)の一部は排水路を通じて河川へ流出しています(下写真)

 5日、有価物(廃棄物)に触れどす黒くなった雨水が排水路から河川へ流出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 環境省の行政処分の指針では「廃棄物該当性の判断について」以下要約。ア、飛散、流出、悪臭の発生等の生活環境の保全上の支障が発生するおそれのないものであること。イ、適正な保管や品質管理がなされていること。ウ、製品としての市場が形成され、廃棄物として処理されている事例が通常は認められないこと。エ、客観的にみて当該取引に経済的合理性があること。有償譲渡の実績があること。オ、アからエの基準に照らし占有者の主張する意思によらず、廃棄物に該当するものと判断されること。捜査機関とも十分な連携をはかること。とあり、少なくと姫路市職員は有価物から悪臭がしていたことを認めています。姫路市は事業者に対し、アからエの証明を求めていますが、証明がされないまま数年が経過しています。姫路市は住民の不安と健康被害を解消するためにも一刻も早く廃棄物該当性の判断を行うべきです!

風力発電施設設置計画 ~新温泉町~

 国内では類のない最大高さ150mの風車21基を建設する風力発電施設設置計画が、新温泉町の豊かな森林で進められようとしています。騒音や低周波被害、景観、地下水脈への影響が懸念されています。また、計画地周辺は、希少種であるイヌワシやクマタカが生息するなど県内でも屈指の自然豊かな地域になっており、周辺住民からは計画を撤回してほしいとの声が広がっています。

 新温泉町、香美町の各議員、金田峰生兵庫国政事務所長、庄本県議らと計画撤回を事業者に求めるよう知事宛に要望書を提出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以下は金田峰生 兵庫国政事務所長FBより

 本日(6月15日)午後、(仮称)新温泉風力発電事業計画について、知事に要請を行いました。
庄本、入江両県議が同席してくれ、地元新温泉町と香美町の党町議4人が「計画撤回を事業者に求めて欲しい」「情報提供を積極的に行うよう指導して欲しい」と申し入れました。

 対応した環境影響評価室長も、事業者は知事意見に対応しておらず、私達と問題意識は共有できるということで、次に出す「意見書」はかなり厳しいものになるだろうとの認識を示しました。..

 また室長は、「地元から声が聞こえてこないので気になっていた。リアルな話を聞かせてもらい、有難い」「町長をはじめ地元住民からの県への意見は期限の定めがないので、ぜひ寄せて欲しい」としました。

 引き続き、追及していきます。

姫路住民アンケートができました。皆さんのご意見お寄せください。

 姫路住民アンケートができました。県政・市政について皆さんのご意見をお寄せください。ポスティングしたアンケートには返信封筒も付けておりますのでご活用下さい。FAXでの返信もお待ちしています。ご協力よろしくお願いします!

姫路住民アンケート表 姫路住民アンケート裏 ←クリック

赤穂市産廃最終処分場設置計画

 10日午前、大津支部、苦瓜市議と大津地域30軒を訪問し「憲法9条守ろう 3000万署名」を10筆集め、しんぶん赤旗も1名の方が購読してくれることになりました。ありがとうございます!! 先日の報告では全国3000万署名の目標に対し1350万署名が集まり、共産党、立憲民主、社民、自由らの野党党首に手渡されたとのこと。引き続き3000万署名目標達成に向け「全国は一つ、野党は共闘」の力で頑張ります。

 午後からは赤穂へ。赤穂市福浦地区で計画が進められている管理型産廃最終処分場設置計画について、国土問題研究会の学者から報告を受けました。国土問題研究会は以前に事業者側の許可を得て福浦計画地に入り地質等の調査を行い報告書をまとめています。今回は事業者から見解書が返ってきた事を踏まえ新たに報告会を開催したもの。国土問題研究会の結論は端的に言うと「当該計画地は産廃処分場計画地として、地層、地質ともにかつて見たことがないほど不適格」ということ。

 会場は満員。不適格な計画地での産廃処分場設置計画が撤回されるまで住民の皆さんと力合わせて頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 赤穂市議団が情報公開請求等によって集めた資料を借りてきました。これまでの住民合意、手続き上の不備等がないかしっかり読み込み確認します。

日本共産党をまるごと知ってもらう集い

 3日、日本共産党西北支部(姫路市西北地域)の皆さんが「日本共産党を丸ごと知ってもらう集い」を開催し、谷川市議と参加させて頂きました。「日本共産党は党名で損をしているんじゃないか、党名を変えれば?」という善意の提案や、「共産党が政権をとれば自衛隊は即廃止するの?」「政党助成金を受け取れば?」等々、全国各地で日本共産党への疑問やご要望が多く寄せられています。こういった疑問に丁寧におこたえし、日本共産党を丸ごと知ってもらおうと全国各地で「日本共産党を丸ごと知ってもらう集い」が開催されています。中央委員会も動画配信でおこたえしています。「小池さんに何でも聞いてみよう」←是非ご覧ください

 今日の集いでは「小池さんになんでも聞いてみよう」の動画も見ていただいたのですが、住民の皆さんのご要望や疑問は具体的です。「病院の統廃合問題はどうなっているの?」「介護保険料が高くて払えない」「耕作放棄地が増えた。自治体の補助金を受けたいが難解な申請書を書く人がいない」「公共交通を充実してほしい」「宮ヶ谷の不法投棄問題はどうなったの?」等々、地域の身近なご要望やご意見がたくさん寄せられました。引き続き「集い」を草の根で開催し、日本共産党を丸ごと知っていただき、地域のご要望や課題に対してもしっかりお応えできるよう頑張ります!!

Page 5 of 171« First...34567102030...Last »